FXの特徴の1つは、24時間取引可能なことです。

土日は取引できませんが、月曜の朝7時から始まり、金曜の翌6時頃まで取引可能です。(証券会社によって違いがあります)

24時間、いつでも取引できるというのは、FXの魅力です。

FXは、時間帯によって、値動きに特徴があるので、時間帯による値動きの特徴を掴んでおくことはとても重要です。

為替市場の1日の流れ

為替相場の1日の流れは、まずオセアニア市場で取引が始まり、それから3大市場といわれる
「東京→ロンドン→ニューヨーク」と移り変わっていきます。

3大市場は、日本時間でいうと、下記のようになります。

・東京時間 9時~16時
・ロンドン時間 17時~25時 (16時~24時)
・ニューヨーク時間 22時~6時 (21時~5時)

(※冬時間の場合です。サマータイムは1時間早くなります。)
(※各証券会社によって時間帯の分け方は異なります。)
(※米国のサマータイム:3月第2日曜日~11月第1日曜日)

1日の流れで言うと、FXの値動きは、まず東京時間に入ってから動き出しやすい傾向があります。

東京時間の9:55は、仲値(なかね)といい、金融機関の一日のレートが決まる時間で、大手の注文が入りやすい時間です。

FXのゴールデンタイム

為替相場が特に動きやすいのは、ロンドン時間とニューヨーク時間です、

日本時間で夕方17:00~(夏時間は16:00~)

さらに、日本時間の夜22:00~25:00までの間は、ロンドン市場とアメリカ市場が重なる時間帯で、最も売買が活発になる「FXのゴールデンタイム」と呼ばれています。
(夏時間は1時間早く21:00~24:00)

また、日本時間の午前1:00は、(夏時間では、日本時間の午前0時)
「ロンドンフィックス」といい、ロンドン市場における仲直決めの時間であり、大口の注文が入りやすい時間です。

そして日本時間で夜中の1:00~2:00になると、ニューヨークがランチタイムになるため値動きが落ち着いてくる傾向があります。(もちろん、日本時間深夜でも激しく動いている日もあります。)

時間帯ごとの値動きの癖

為替市場の1日の流れや、時間帯ごとの値動きの癖を意識することで、トレードのやり方も変わってきます。

特に、各市場の始まりの時間帯や、仲値が決まる時間は大きく動きやすい時間帯です。

時間帯ごとの値動きの癖を意識しながら、相場を観察してみて下さい。